会計,相続,税金,決算,三島,鈴木尚剛,鈴木尚剛税理士事務所

鈴木尚剛税理士事務所ブログ

静岡県三島市の鈴木尚剛税理士事務所のブログです。会計、相続、税金、決算について日本一わかりやすく紹介します。

記事一覧

No Image

2017-10-28 日記
 今日は、親しくしている弁護士さんの相続セミナーにゲスト講師として出演してきました。タイトルは「弁護士から見た相続」VS「税理士から見た相続」となかなか刺激的な…

記事を読む

No Image

2017-10-15 日記
「会議」を開くにあたっては、会議の目的を実現するため、守るべき事項・姿勢を定めた「グラウンドルール」を決めていただきます。 60ほどある一覧の中から、会議の参加…

記事を読む

No Image

2017-10-11 日記
 先月に引き続きお客様の経営会議に参加しました。最初に会議の目的の確認と組み立てを行いました。まず会議名を社長さんの発案で作戦会議”とすることとなりました。…

記事を読む

No Image

2017-09-12 日記
 お客様の経営会議にオブザーバー参加をしました。今回に限らず毎回そうなのですが、うちのスタッフが進行役を務めるので、事前に段取りを聞いているのですが、実際の会…

記事を読む

No Image

2017-09-08 日記
 先日、とある業界の従事員の平均年齢を目にする機会がありました。若すぎるという印象を持ちました。感覚的に平均値が全てを表しているわけではないんだろうなと思い、…

記事を読む

No Image

2017-08-31 日記
 先日、建設業のお客様のご自宅に決算の報告でお邪魔したのですが、天井・壁・床が一年前とガラッと変えられていて、とてもシックで素敵な感じになっていました。すべて…

記事を読む

No Image

2017-08-03 日記
 事務所の所内研修に社内木鶏会を取り入れて、14回目となりました。社内木鶏会とは「致知」という人間学の雑誌を読んでの感想文発表会です。毎月、おすすめ記事のいずれ…

記事を読む

No Image

2017-06-27 日記
 今、読書猿さんが書いた『アイデア大全』をすき間時間にすこしずつ読んでいます。この本はアイデア出しの方法が42個、具体例や考え方も丁寧に紹介されており、実際に自…

記事を読む

No Image

2017-03-28 日記
 スタッフには、毎週末クレドに掲げている項目を振り返ってもらい、日報に記入をお願いしています。なかなか考えさせられます。そのクレドの1項目に、“仕事と生活”の…

記事を読む

No Image

2017-02-17 日記
 毎年、私の鼻にスギの花粉が届く頃、所得税の確定申告が始まります。平成28年分の確定申告は、三島商工会議所においては、2月15日から3月15日まで無料相談会を開催し…

記事を読む

掛け合いのセミナー

  •  投稿日:2017-10-28
  •  カテゴリ:日記
 今日は、親しくしている弁護士さんの相続セミナーにゲスト講師として出演してきました。タイトルは「弁護士から見た相続」VS「税理士から見た相続」となかなか刺激的なものでした。毎回、この弁護士さんによるセミナーは、参加者に〇バツ1クイズを出したりして、ともすると退屈となってしまいかねない法律の話を分かりやすく、そして楽しく聞いてもらえる形になっているのですが、今回は、さらに相続について、弁護士と税理士で立場が違えば、考え方や気にする点が全く違うといったところを、掛け合い形式でやり取りをするというものでした。
 死亡保険金の扱いや、養子縁組の効果、遺産分割の再分割等々、それぞれの立場からのとらえ方や注意点を交互に解説を行い、時に参加者に問いかけをするなど、参加者には最後まで集中してお聞きいただけたのではないかと、手前味噌ではありますが出演者の一人として、今回のセミナーが大成功であったと確信しております。まあ、集客、設営、スライド準備など全部お願いして、自分はただしゃべっただけですが。
 ただ、この掛け合い形式のセミナーというスタイルは、話し手も交互に代わるため飽きも来にくいし、論点がはっきりしやすくてとても良いものではないかと感じました。今回の様にそれぞれの立場からの見方・感じ方というスタイルの他にも、たとえば、ある商品やサービスを提供して、提供する側の意思とされる側の実感についてであるとか、ある一つの事柄につき賛成派と反対派の考えや、ものごとの良い面と悪い面をそれぞれ主張するという形で、掛け合いを行って、参加者の理解や行動への動機づけを深めていく方法はとても効果的ではないかと思います。セミナーはやれば良いものではなく、伝わってナンボですからね。

グラウンドルール

  •  投稿日:2017-10-15
  •  カテゴリ:日記
「会議」を開くにあたっては、会議の目的を実現するため、守るべき事項・姿勢を定めた「グラウンドルール」を決めていただきます。
 60ほどある一覧の中から、会議の参加者に複数候補をあげてもらい、各自発表していただき、その中から会社としてのグラウンドルールを12個ほど皆さんで話し合って選んでいただきます。
どの会社さんも共通して選ばれる傾向があるのは、「積極的に発言する」や「振り返りを大事にする」、「いかにすれば可能かを考える」などです。やはり、「ダンマリ、やりっぱなし、できない」では会議を開催する意味はないですからね。
一方で、会社さんのこれまでの歴史であったり、現在の状況から選ばれていると思えるものもあります。例えばA社では、「上席者が会議を支配するのではなく〜」や「風通しの良い風土」といったものが選ばれました。B社では、「意思決定」について複数選ばれ、C社では、「明るい雰囲気づくり」や「対立を恐れず」が、D社では、「思いついたらすぐ発言」や「行動につなげる」などアクションがらみのものが選ばれました。会社のカラーも見えてこの議論はとても興味深いものとなります。会議が停滞・紛糾したのなら、一度立ち返りたいところです。
 カテゴリ
 タグ

第2回の経営会議に参加して

  •  投稿日:2017-10-11
  •  カテゴリ:日記
 先月に引き続きお客様の経営会議に参加しました。最初に会議の目的の確認と組み立てを行いました。まず会議名を社長さんの発案で作戦会議”とすることとなりました。なかなか遊び心があって「これからどうやって経営をやってやろうか」と戦いに挑むようなワクワクするようなネーミングになったと思います。
 次に目的の再確認です。会議の進行を引き受けた時にも確認したのですが、改めて確認します。ここでお客様の意図とかけ離れた会議を設計・進行しては、会議の時間が全く意味のないものとなってしまうからです。「会社を良くする、経営数値が見られるようにする」ということの他に、「世代交代を見据えた後継者育成」を行っていきたいとのことでした。そのためのゴールの確認も行いました。「何をもってその目的を達成できた」を測るためです。
 今回は作戦会議の半分の時間を使って事業承継の目的・目標の確認を行いました。「社長が変わること」とはどのようなことかを一通り説明した後、お客様にとっては具体的にどのようなことかを考えていただく機会としていただきました。
 カテゴリ
 タグ

経営会議に参加して

  •  投稿日:2017-09-12
  •  カテゴリ:日記
 お客様の経営会議にオブザーバー参加をしました。今回に限らず毎回そうなのですが、うちのスタッフが進行役を務めるので、事前に段取りを聞いているのですが、実際の会議となるとそう思い通りにはいかないようです。こちらの伝え方に対して予想と違う受け取りをされたり、実際の現場対応をされている方が目の当りにしたり、考えられていることがこちらの想定外であったりします。「この議論を中心的に掘り下げてもらって」と考えて用意していたことをスパーンと「その議論はいらない」と言われたりすると、時に頭が真っ白になってしまいます。それは当然のことでもあるので、そのような中でも各課題についての相互理解や新たな行動を探ってもらえるよう全力を尽くします。
 会議後には社長さんも含めて振り返りをします。今日議題となったことの本意であるとか、今後1ヵ月の動きなどを確認して終わるのですが、将来に対して積極的なスイッチが入った様子を目の当たりにすると、この業務のやりがいを改めて感じさせられます。
 カテゴリ
 タグ

平均値でも良いのか

  •  投稿日:2017-09-08
  •  カテゴリ:日記
 先日、とある業界の従事員の平均年齢を目にする機会がありました。若すぎるという印象を持ちました。感覚的に平均値が全てを表しているわけではないんだろうなと思い、平均値以外の指標をネットで調べました。平均値の他に中央値、最頻値というものがあり、それぞれメリット・デメリットがあるとのことでした。
 別の日に不動産管理会社の役員報酬の平均を調べました。平均勤続年数はあったのですが、平均報酬額の掲載はありませんでした。報酬の平均値をとると極端なものに引っ張られるだろうことが予想されました。そのかわり、報酬の価格層ごとの人数が載っていて、最頻値(人数の多い層)がどこか一目見てわかるようになっていました。さらに、中央値(真ん中の順位)がどこかも分かるようになっていました。平均値よりも、最頻値・中央値を参考にしてほしいのだと分かりました。
 カテゴリ
 タグ

餅は餅屋

  •  投稿日:2017-08-31
  •  カテゴリ:日記
 先日、建設業のお客様のご自宅に決算の報告でお邪魔したのですが、天井・壁・床が一年前とガラッと変えられていて、とてもシックで素敵な感じになっていました。すべて自分で張り替えられたそうで、さらに驚いたのが、その雰囲気に合った収納・棚なども自分で作られたとのことでした。経験やセンスからなる「技」なのだなと感心しました。
 別の日には、事務所のホームページを頼んでいる方から、現在の主流となっているホームページのスタイルや検索の仕組み等々どのようにしたら見てもらえるかをいろいろと教えてもらいました。ホームページ一つをとっても知らない世界が大きいことに改めて気づかされました。
 自分のできないこと、知らないことはあまりにも多く、それが自分にとって本当に必要であったら、専門家に頼ることもしっかりと選択肢として持っていなければいけないと思います。自分の専門は税務・会計ですが、クレドに掲げている通り、「わかりやすい説明でご理解いただけるように」より一層努めたいと思います。
 カテゴリ
 タグ

社内木鶏会(第14回)

  •  投稿日:2017-08-03
  •  カテゴリ:日記
 事務所の所内研修に社内木鶏会を取り入れて、14回目となりました。社内木鶏会とは「致知」という人間学の雑誌を読んでの感想文発表会です。毎月、おすすめ記事のいずれかを選んで、感想文を相互に発表するのですが、何故その記事を選んだのか、その記事についての自分の考えとの相違点など、気づきを得られます。
 これまで自分の感想文のまとまりのなさを感じていたのですが、今回、その理由がわかりました。自分の場合、いろいろ感じたところを書き連ねるので、思考の変遷のようなものはわかるのですが、ともすればダラダラとしたものになっていたようです。
 他の人の発表を聞いていると、著者あるいは読者自身の考えを追求する深堀型、記事から自分のケースに当てはめて塾考する置換型、といった感想文の書き方もあって、そちらの方がよりまとまりを持ち、他者にも伝わりやすいのだと気づきました。来月の社内木鶏会では、自分の感想文にこれらを試みたいと思います。
 カテゴリ
 タグ

アイデア出し

  •  投稿日:2017-06-27
  •  カテゴリ:日記
 今、読書猿さんが書いた『アイデア大全』をすき間時間にすこしずつ読んでいます。この本はアイデア出しの方法が42個、具体例や考え方も丁寧に紹介されており、実際に自分でもアイデア出しを試みています。今日はその中の21番目「ディズニーの3つの部屋」を読みました。発想を実現・成功に至らせるために、夢想家・実務家・批評家の3つの立場から、それぞれ「どんなことをしたいか」、「実現するにはどうすれば良いか」、「どんな問題があるか」を考えます。
 しかし、今日は頭が冴えていなかったようで、検討に値する良い夢想が全く出てこず、行き詰まりました。それより、この手法への「既に知っている感」は何だろうと気になったので、考えてみたところ、前日に読んだ他の本でも紹介されていたものでした。前日に読んだことすらすぐに思い出せないのですから、「アイデア出し」以前にすることがあるのかもしれません。
 カテゴリ
 タグ

ワークライフバランス

  •  投稿日:2017-03-28
  •  カテゴリ:日記
 スタッフには、毎週末クレドに掲げている項目を振り返ってもらい、日報に記入をお願いしています。なかなか考えさせられます。そのクレドの1項目に、“仕事と生活”の調和をうたっている「ワークライフバランス」という項目があるのですが、この2つの調和を取る大前提として、各人の生活における調和がとれていることが必要だとの指摘がありました。確かに自分の場合も、共働きの妻、両親、子供たち、家族みんなの協力を以って生活のバランスを何とか保っており、その均衡の元で仕事に打ち込むことができています。当たり前と思わないようにしたいと思います。
 カテゴリ
 タグ

確定申告無料相談会

  •  投稿日:2017-02-17
  •  カテゴリ:日記
 毎年、私の鼻にスギの花粉が届く頃、所得税の確定申告が始まります。平成28年分の確定申告は、三島商工会議所においては、2月15日から3月15日まで無料相談会を開催しています。
 税理士も毎年当番で無料相談に従事するのですが、本年は2月16日に無料相談の当番として従事してきました。
 毎年のことですが、期間前半の、特に午前中の混みようと言ったらありません。今回も無料相談会2日目でしたので、ものすごく混雑していました。9時開始の時点で行列ができていました。実際、自分が相談にあたった方も口をそろえて「相当待った」とおっしゃっていました。
 ほとんどの皆さんが確定申告は、煩わしいもの、さっさと終えてしまいたいものと考えて、無料相談会の期間前半に集中するのではないかと思います。ですから、私がおすすめするのは、無料相談会の期間後半、それも時間帯は午後2時頃がベストと思っています。ただし、くれぐれも不備の無いようにしてください。期間前半で不備があった人は、後日に改めることができますし、午前中で不備があった場合、取りに帰ることができます。ですが、期間後半では別日、午後相談では取り帰るということが難しくなってしまいますので。
 カテゴリ
 タグ
検索ボックス
 
<< 2018年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
タグクラウド
カテゴリ
日記(22)
過去ログ
鈴木尚剛税理士事務所 インフォメーション
〒411-0816 静岡県三島市梅名203-1
TEL:055-984-4888
FAX:055-977-0234
WEB SITE
新設法人向けサービス
Copyright © 鈴木尚剛税理士事務所ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます