日記のカテゴリ記事一覧

鈴木尚剛税理士事務所ブログ

静岡県三島市の鈴木尚剛税理士事務所のブログです。会計、相続、税金、決算について日本一わかりやすく紹介します。

カテゴリ:日記

日記のカテゴリ記事一覧。静岡県三島市の鈴木尚剛税理士事務所のブログです。会計、相続、税金、決算について日本一わかりやすく紹介します。
No Image

2018-03-30 日記
貸借対照表の説明としては、一定時点における財政状態を表している、すなわち決算日における資金の調達源泉と運用結果、言い換えれば、「お金をどこから用意して、どこ…

記事を読む

No Image

2018-03-05 日記
 先日、お客様の資金繰り表の作成をお手伝いしました。資金繰り表は、会社のこれからの現預金の有高を予測するものであり、お客様のところで日々動いているものです。損…

記事を読む

No Image

2018-03-01 日記
 毎月初の所内研修では、月刊誌「致知」を用いた人間学の勉強会『社内木鶏会』を開催します。掲載された記事についての読書感想文の発表会を行うのですが、仕事や人生に…

記事を読む

No Image

2018-02-06 日記
 お客様の全体会議にて、1時間ほど時間をいただいて、全社員に変動損益計算書の概要をお話しさせていただきました。利益を上げるには、売上を上げるか、変動費を下げる…

記事を読む

No Image

2018-02-01 日記
 月初に半日を使って所内会議・研修をします。内容としては、その月の予定の把握と税務会計の研修が中心です。 朝礼とは違い、スタッフの時間をある程度まとまっておさ…

記事を読む

負債を前向きに捉えてみる

  •  投稿日:2018-03-30
  •  カテゴリ:日記
貸借対照表の説明としては、一定時点における財政状態を表している、すなわち決算日における資金の調達源泉と運用結果、言い換えれば、「お金をどこから用意して、どこに使ったか」を表すなどと言います。

 これをさらに言い換えて、負債を「こたえなければならない信頼」、負債の額を「その利用度合い」とし、純資産を「これまでの頑張り」、純資産の額を「そのご褒美」と捉えます。そして、資産を「信頼とご褒美」の「使い途あるいは蓄え」と考えてみるのはどうでしょうか。

 純資産である「ご褒美」を「いかにして増やしていこう」、そして特に負債を「受けた信頼」と前向きに捉えて、「どうやって人さまからの信頼にこたえれば、その利用度合いを減らしたら良いだろう」と、あらためて実際の自社の貸借対照表を眺めたら、何か思えないだろうかと思うのであります。

 カテゴリ
 タグ

資金繰り表

  •  投稿日:2018-03-05
  •  カテゴリ:日記
 先日、お客様の資金繰り表の作成をお手伝いしました。資金繰り表は、会社のこれからの現預金の有高を予測するものであり、お客様のところで日々動いているものです。損益→税金の計算が中心となる会計事務所の業務では、資金繰り表に触れる機会はほとんどありません。
 資金繰り表の書式が事務所には無かったので某金融機関のホームページに掲載されているものを、自分なりに、そのお客様で必要と思われる形に加工して持っていったのですが、駄目出しをされました。月末にお金が足りるかも大事だが、掛代金の支払日である20日の残高も同様に大事とのことでした。そこで月末だけでなく、20日の残高も確認できるように反映した形に作り、運用を試してもらうこととなりました。
 そもそも資金繰り表は予測が入るので難しいものです。経費であれば、ある程度予測も立つでしょうが、売上入金などは、今月は確実でも、来月は?再来月は??となると裏付けが弱くなります。だからこそ資金が回るようにするためにも、資金繰り表を作り、予測をたて、時間に余裕を持って、その資金に穴が開かないように早め早めに、先手が打てるように使っていただきたいのです。
 カテゴリ
 タグ

因果倶時

  •  投稿日:2018-03-01
  •  カテゴリ:日記
 毎月初の所内研修では、月刊誌「致知」を用いた人間学の勉強会『社内木鶏会』を開催します。掲載された記事についての読書感想文の発表会を行うのですが、仕事や人生について考える大切な機会になっています。
 今月掲載されたドトールとタビオの両会長の対談記事は特に良く、何カ所もマーカーを引く箇所があったのですが、その中でも特に『因果倶時』の話は現在の自分にとても響くものでした。「過去が現在の自分を、現在が将来の自分をつくる」とのことです。経営のPDCAがまさにそれで、毎月、実行とその振り返りを行うと、過去の行動が現在の自分を作っている、やったこともやっていないことも如実に現れるということを感じているからです。
 確定申告期は時間との戦いで、何よりも仕上げること、期限を守ることが最優先され、申告書作成作業に没頭しなければならず、つい視野が狭くなりがちです。もちろんこれも大事なのですが、顔を上げて視野を広く持ち、しっかりとした実行も合わせて行って行かなければならない、と改めて思えるとても素晴らしい記事でした。
 カテゴリ
 タグ

改善の余地あり

  •  投稿日:2018-02-06
  •  カテゴリ:日記
 お客様の全体会議にて、1時間ほど時間をいただいて、全社員に変動損益計算書の概要をお話しさせていただきました。利益を上げるには、売上を上げるか、変動費を下げるか、固定費を下げるかの3つの要素があることを一通り説明させていただき、その上で参加者全員に、各自の感覚としてどの要素の改善が一番取り組み易そうか、取り組み難そうかを聞いてみました。それぞれ売上・変動費・固定費に意見が分かれたのですが、興味深かったのは、それぞれ自分が所属する部門に直結するものに対して、改善の取り組み易さを感じている傾向が強かったということです。つまり、営業部門は売上、現場部門は変動費、総務・経理部門は固定費が改善し易い、改善の余地があると感じているということでした。もちろん、自分の部門は他の要素との関連が薄いと感じたことによるものかもしれませんが、自分の部門の改善は無理だとあきらめや投げやりになっていない証拠ですので、これからの改善が期待できると思いました。
 カテゴリ
 タグ

月初の所内会議・研修

  •  投稿日:2018-02-01
  •  カテゴリ:日記
 月初に半日を使って所内会議・研修をします。内容としては、その月の予定の把握と税務会計の研修が中心です。
 朝礼とは違い、スタッフの時間をある程度まとまっておさえているので、情報共有するのに貴重な時間です。この機会を逃してしまうとまた1カ月待たなければならないので、場当たり的に話すのではなく、話すこと・確認することをまとめた自分用の次第を用意して、伝わりきらなかったり、伝えもれを防ぐようにします。また、時間を使っての事例検討や研修報告を行います。テーマは様々です。
 先月、先々月は中小事業者と金融機関との付き合い方についてを共有しました。そのやり方としては、金融機関について書かれた本を自分が電子書籍で読み、マーカーを引いたところをワープロに貼り付けし、前後の文脈がなくてもわかるようにしたものを読み合わせる方法で行いました。自分としては、読みっぱなしにならず再確認ができ、皆にもポイントが少しでも伝わったのではないかと思っています。
 今月は、最近自分が受けた保険金の課税について研修の時の板書を用いて共有をします。意図した課税関係とは異なることのないように、専門家としての注意点を共有できたらと思います。
 カテゴリ
 タグ
検索ボックス
 
<< 2018年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
タグクラウド
カテゴリ
日記(22)
過去ログ
鈴木尚剛税理士事務所 インフォメーション
〒411-0816 静岡県三島市梅名203-1
TEL:055-984-4888
FAX:055-977-0234
WEB SITE
新設法人向けサービス
Copyright © 鈴木尚剛税理士事務所ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます