設立第2期のお客様に、事務所にお越しいただいて、第2四半期の業績検討会を行いました。毎月しっかりと未収売上、未払経費を計上いただいており、また、半年経過時の業績検討会にあたり、在庫の棚卸しも行っていただいたおかげで、決算と同等レベルの業績確認をしていただくことができました。このまま利益が出ると税金が多くなるがどのような対応をするべきなのか、資金に少し余裕ができそうなので銀行借入金を早々に返済したほうがよいのか、などの質問を受けました。過度に現金を減らしてしまうより、ある程度の納税は発生しますが、まだ設立間もないので会社に利益を留保していただくことにウエイトを置くことをご提案しました。もちろん、必要なものは買っていただき、適度な節税をしていただいた上で、内部留保をしていくよう、今後も業績の推移を共有し対応していくことを確認しました。精度も高い上、社長さん自身も業績もしっかり把握されているので、半年前から決算対策を行っていけば、時間的な余裕をもって状況を見ながら様々な手が打てると思います。
 カテゴリ
 タグ