月別記事一覧

鈴木尚剛税理士事務所ブログ

静岡県三島市の鈴木尚剛税理士事務所のブログです。会計、相続、税金、決算について日本一わかりやすく紹介します。

月別アーカイブ:2017年10月

2017年10月の記事一覧。静岡県三島市の鈴木尚剛税理士事務所のブログです。会計、相続、税金、決算について日本一わかりやすく紹介します。
No Image

2017-10-28 日記
 今日は、親しくしている弁護士さんの相続セミナーにゲスト講師として出演してきました。タイトルは「弁護士から見た相続」VS「税理士から見た相続」となかなか刺激的な…

記事を読む

No Image

2017-10-15 日記
「会議」を開くにあたっては、会議の目的を実現するため、守るべき事項・姿勢を定めた「グラウンドルール」を決めていただきます。 60ほどある一覧の中から、会議の参加…

記事を読む

No Image

2017-10-11 日記
 先月に引き続きお客様の経営会議に参加しました。最初に会議の目的の確認と組み立てを行いました。まず会議名を社長さんの発案で作戦会議”とすることとなりました。…

記事を読む

掛け合いのセミナー

  •  投稿日:2017-10-28
  •  カテゴリ:日記
 今日は、親しくしている弁護士さんの相続セミナーにゲスト講師として出演してきました。タイトルは「弁護士から見た相続」VS「税理士から見た相続」となかなか刺激的なものでした。毎回、この弁護士さんによるセミナーは、参加者に〇バツ1クイズを出したりして、ともすると退屈となってしまいかねない法律の話を分かりやすく、そして楽しく聞いてもらえる形になっているのですが、今回は、さらに相続について、弁護士と税理士で立場が違えば、考え方や気にする点が全く違うといったところを、掛け合い形式でやり取りをするというものでした。
 死亡保険金の扱いや、養子縁組の効果、遺産分割の再分割等々、それぞれの立場からのとらえ方や注意点を交互に解説を行い、時に参加者に問いかけをするなど、参加者には最後まで集中してお聞きいただけたのではないかと、手前味噌ではありますが出演者の一人として、今回のセミナーが大成功であったと確信しております。まあ、集客、設営、スライド準備など全部お願いして、自分はただしゃべっただけですが。
 ただ、この掛け合い形式のセミナーというスタイルは、話し手も交互に代わるため飽きも来にくいし、論点がはっきりしやすくてとても良いものではないかと感じました。今回の様にそれぞれの立場からの見方・感じ方というスタイルの他にも、たとえば、ある商品やサービスを提供して、提供する側の意思とされる側の実感についてであるとか、ある一つの事柄につき賛成派と反対派の考えや、ものごとの良い面と悪い面をそれぞれ主張するという形で、掛け合いを行って、参加者の理解や行動への動機づけを深めていく方法はとても効果的ではないかと思います。セミナーはやれば良いものではなく、伝わってナンボですからね。
 カテゴリ
 タグ

グラウンドルール

  •  投稿日:2017-10-15
  •  カテゴリ:日記
「会議」を開くにあたっては、会議の目的を実現するため、守るべき事項・姿勢を定めた「グラウンドルール」を決めていただきます。
 60ほどある一覧の中から、会議の参加者に複数候補をあげてもらい、各自発表していただき、その中から会社としてのグラウンドルールを12個ほど皆さんで話し合って選んでいただきます。
どの会社さんも共通して選ばれる傾向があるのは、「積極的に発言する」や「振り返りを大事にする」、「いかにすれば可能かを考える」などです。やはり、「ダンマリ、やりっぱなし、できない」では会議を開催する意味はないですからね。
一方で、会社さんのこれまでの歴史であったり、現在の状況から選ばれていると思えるものもあります。例えばA社では、「上席者が会議を支配するのではなく〜」や「風通しの良い風土」といったものが選ばれました。B社では、「意思決定」について複数選ばれ、C社では、「明るい雰囲気づくり」や「対立を恐れず」が、D社では、「思いついたらすぐ発言」や「行動につなげる」などアクションがらみのものが選ばれました。会社のカラーも見えてこの議論はとても興味深いものとなります。会議が停滞・紛糾したのなら、一度立ち返りたいところです。
 カテゴリ
 タグ

第2回の経営会議に参加して

  •  投稿日:2017-10-11
  •  カテゴリ:日記
 先月に引き続きお客様の経営会議に参加しました。最初に会議の目的の確認と組み立てを行いました。まず会議名を社長さんの発案で作戦会議”とすることとなりました。なかなか遊び心があって「これからどうやって経営をやってやろうか」と戦いに挑むようなワクワクするようなネーミングになったと思います。
 次に目的の再確認です。会議の進行を引き受けた時にも確認したのですが、改めて確認します。ここでお客様の意図とかけ離れた会議を設計・進行しては、会議の時間が全く意味のないものとなってしまうからです。「会社を良くする、経営数値が見られるようにする」ということの他に、「世代交代を見据えた後継者育成」を行っていきたいとのことでした。そのためのゴールの確認も行いました。「何をもってその目的を達成できた」を測るためです。
 今回は作戦会議の半分の時間を使って事業承継の目的・目標の確認を行いました。「社長が変わること」とはどのようなことかを一通り説明した後、お客様にとっては具体的にどのようなことかを考えていただく機会としていただきました。
 カテゴリ
 タグ
検索ボックス
 
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最近の記事
最近のコメント
タグクラウド
カテゴリ
日記(22)
過去ログ
鈴木尚剛税理士事務所 インフォメーション
〒411-0816 静岡県三島市梅名203-1
TEL:055-984-4888
FAX:055-977-0234
WEB SITE
新設法人向けサービス
Copyright © 鈴木尚剛税理士事務所ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます